歯が黄ばむ原因とは?

歯が白く美しい人は、とても魅力的ですよね。
当然、人は毎日何度か食事をします。

そのたびに歯を酷使するわけですから、当然何らかの汚れが歯に付着していきます。

その汚れを落とすために食後に歯磨きをするわけですが、会社ではなかなか歯磨きが出来ない、あるいは日中は常に仕事で外にいるといった人はなかなか歯を磨くことが出来ませんね。

そういった生活を続けていると歯に付着した汚れが次第に歯に沈着していき、その汚れが積み重なっていってしまいます。

そしてある日鏡で自分の歯を見て、「汚れている!」とか、「歯が黄色い!」と感じるわけです。

では、歯が汚れる具体的な原因を見ていきます。

外側からの着色汚れ

歯は幾つかの層で構成されていますが、一番表面の層をエナメル質と言います。

エナメル質は半透明なので、何も汚れていなければほぼ無色の状態です。

歯の白さの元になる色は、エナメル質の下の層である象牙質の色がエナメル質を透過して見えているのです。

このエナメル質は、直接食物に触れるのでどんどん汚れが付着していきます。
その汚れは『ステイン』と呼ばれています。

特に汚れが付きやすい飲食物の特徴は、見た目の色が濃いことです。

例えば、

  • 紅茶、ウーロン茶、コーヒー、ワインなどの飲料
  • 食事では、カレーなど
  • 菓子類では、チョコレート
  • 調味料では、ケチャップ、ソース
  • 果物では、ブルーベリー、クランベリー、など
  • その他嗜好品では、タバコのヤニ

簡単に汚れが付きやすい飲食物とその他にタバコを挙げました。

日常的にこれらを摂取あるいは喫食する習慣のある人は、特に歯のケアには気を配る必要があると言えそうです。

あるいは、初期虫歯の場合は虫歯の部分が黒くなるのではなく、黄色くなりますので初期虫歯が出来ているという可能性もあります。

歯に着色汚れが付かないようにするためには、やはり飲食のあとすぐに歯磨きをすることが肝心だと言えます。

特に、着色汚れを除去する目的で作られたハミガキを使用するとより効果が出るでしょう。

内側からの変色

歯の変色は厳密には汚れではありませんが、やはり見た目は汚れているように見えてしまいます。

この原因は、エナメル質の下の象牙質の色が変化することで歯が汚れているように見えるものです。

象牙質の色が変化する原因には、ひとつには加齢による変色があります。

これは避けようがないので、少々残酷かもしれませんが、年齢を重ねると象牙質は厚くなってきます。

その分象牙質を覆っているエナメル質は薄くなりますので、より象牙質の色が透過してしまうのです。

もうひとつは、特定の抗生物質を幼児期などに服用していると、年齢をそれほど重ねていなくても象牙質が変化することがあります。

これは原因がはっきりわかっているので、保護者が意識して与えないようにすれば問題はありません。

妊娠中に服用し、胎児の歯に影響が出る可能性も指摘されているため、絶対に服用しないようにしましょう。

象牙質の変化を予防・改善するためには、通常の歯磨きだけでは難しくなります。

そこで利用したいのがホワイトニング。

これは歯にホワイトニング剤を塗布することで象牙質にも薬剤の効果を発揮させ、歯が持つ本来の白さに戻すことができます。

もし、加齢などで避けられないと思っていた歯の色の変化に戸惑っている場合は、ホワイトニング治療を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。

まずは、ホワイトニング治療を行っている歯科医院やクリニックにいって、相談あるいはカウンセリングを受けることをおすすめします。