歯を白くする『ホワイトニング治療』のメリットとは?

社会人として仕事をしている人は、毎日の身だしなみには十分に気を遣いますし、一定の年齢を超えた女性であれば、外出時にメイクをしない人はほとんどいないといっていいでしょう。

ワイシャツのシワやシミならアイロンをかけたり洗濯をすれば落ちますし、お肌のシミやシワも化粧品で隠すことは十分に可能ですよね。

ただ、見た目で重要な部分を占める『歯』については、見た目を整えようと思ったらそれなりの時間と労力、費用が必要になります。

虫歯になってしまえば、何度も歯科医院に足を運ばなくてはなりませんし、それが面倒になって虫歯を放置すると歯を失ったり歯の神経を抜くことになったり、その他歯周病などの歯に関係する病気を誘発することにもなります。

そのため、日々のケアが歯には欠かせないのですがタバコを嗜まれる方、嗜好品として歯に着色汚れの付きやすいコーヒーや紅茶を好まれる方などは、日常的な自宅でのケアだけでは、歯の白さを維持するのがなかなか難しくなってしまいます。

そこで利用したいのが、歯のホワイトニングです。

歯のホワイトニングについてどのようなことをするのか、具体的に知っている人は実際にホワイトニング治療を受けたことのある人か、これから受けようと思って情報を集めている人であろうと思われます。

そこで今回は、歯のホワイトニングについてより多くの人に興味を持ってもらうために、どのようなメリットがあるのかを紹介していきます。

施術や治療に際して、歯にキズをつけることはない

ホワイトニングの治療や施術を受けられるのは、歯科医院やホワイトニング専門のクリニック、あるいは美容歯科や美容サロンとなります。

歯科医院での治療となると、歯をドリルで削るといったイメージがあるかもしれませんが、ホワイトニングの治療に関しては、歯を削ることはもちろんのこと、歯にキズをつけることはありません。
ホワイトニング剤を歯に塗布することで、歯が持つ本来の状態を取り戻すことが目的です。
治療において痛みを感じることはほとんどない、と言っていいでしょう。

治療期間が短い

歯を少しでも早く綺麗にしたい、という人には朗報です。

ホワイトニング治療には、歯科医院やクリニックなどで専門医の手を経て行われるオフィスホワイトニングと呼ばれる方法があり、その方法であれば、他の方法よりも効果の高いホワイトニング剤を使用することができます。

そのため、ホワイトニングの治療全体に必要な時間が短くなるのです。

通院の回数は、合計で3回程度、通院の間隔は2週間程度ですので、1ヶ月ほどあればホワイトニング治療は終了することになりますね。

2週間に1回の通院でいいので仕事の調整もしやすいのではないでしょうか。
前述したように痛みのない治療ですので、途中で挫折することなく治療を終えられますね。

自費治療の中でも比較的リーズナブル

歯のホワイトニング治療に関しては健康保険が適用されないため、全額自費治療となります。

自費治療と聞くと非常に高いイメージがあるかもしれませんが、数ある自費治療の診療項目の中では、比較的リーズナブルな額となっています。

例えば、歯に白いセラミックという素材を被せて見た目を美しくする治療法がありますが、その方法は歯1本で5万円から18万円も必要になります。

繰り返しますが、1本の価格です。

しかしホワイトニング治療は、歯全体を元の健康的な白さに戻すまでに必要になる費用は2万円から5万円程度となっています。

この費用負担で歯が元の健康的な白さになるのであれば、決して高くはないのではないでしょうか。

まとめ

以上、歯のホワイトニングのメリットを3つ紹介してきました。

ホワイトニングについて、ハードルが高いイメージを持っていたり、痛みがあるのでは、と考えていた人にとって、その誤解を解く一助となっていれば幸いです。

なお、ホワイトニング治療は前述の通り自費治療になるため、治療を受ける歯科医院、クリニックなどによって費用が大きく異なりますので、事前にしっかり情報収集をしたうえで治療を受けるようにしましょう。