ホワイトニング治療の方法はひとつじゃない!自分にあった方法とは?

歯を白くする治療であるホワイトニングには、大別して3つの方法があります。

  • 一部施術を自宅で、自分で行う『ホームホワイトニング』
  • すべての施術を歯科医院に行って行う『オフィスホワイトニング』
  • 『ホームホワイトニング』と『オフィスホワイトニング』を組み合わせた『デュアルホワイトニング』

では、上記3つのホワイトニング治療の方法がどのようなものなのか、見ていきましょう。

ホームホワイトニング治療

ホームホワイトニング治療は、ホワイトニング治療のうち一部の施術を自宅で、自分で行うことが出来る治療方法です。

歯科治療についてはまったくの素人が行うわけですから、例えば、書店で本を購入して読んだら出来るというわけではありません。

自宅で出来るとはいっても、初回は歯科医院に行く必要があります。

ホワイトニング治療を行っている歯科医院に行き、口内の状況を専門医に診察してもらいます。
そして、ホームホワイトニングを行っても問題ないかどうかを判断してもらいます。

問題ない、と専門医による診断が下された場合に、ホームホワイトニングを始めることができます。

まずは、本人専用のマウスピースを作成するところからです。
これには大体1週間程度の時間がかかります。

何しろオーダーメイドですからね。
歯型を取ってそこからマウスピースを作成しなければなりません。

マウスピースが出来たら、いよいよホームホワイトニング治療の開始です。

マウスピースに処方されたホワイトニング剤を塗布したら、歯に装着します。
歯科医師に指導された時間だけマウスピースを装着したままにしておきます。

その間にホワイトニング剤が歯に浸透していくわけです。

歯科医師から指導された回数だけ、それを繰り返して行います。

毎日行うのか数日単位なのかは、個人差であったり医師の診断によるところとなります。

ホームホワイトニングの大きなメリットは、何度もホワイトニング剤を塗布するために歯科医院に出向く必要がないということです。

仕事や勉強などで忙しいけれどホワイトニング治療を受けたい、という人に向いていると言えます。

オフィスホワイトニング治療

オフィスホワイトニング治療は、ホワイトニングに関するすべての施術を歯科医院で受けるホワイトニングの方法です。

専門知識を持った歯科医師の手によって施術が行われるため、ホームホワイトニングよりも効果の高いホワイトニング剤が使用されます。

効果が高いこと、また、効果が高いことでホワイトニング治療全体に要する時間が短いことがオフィスホワイトニング治療の大きなメリットと言えます。

期間は短いとはいえ、何度も歯科医院に足を運ぶことになりますので、それよりも期間が短いことや効果が高いことにメリットを感じる場合は、オフィスホワイトニング治療が向いていると言えます。

デュアルホワイトニング治療

デュアルホワイトニング治療は、上述した二つのホワイトニング治療を併用するホワイトニングの方法です。

これは、二つの方法のデメリットを補い合いながら進めていくホワイトニング治療となります。

ホームホワイトニングのメリットとして、歯が白くなるのに時間がかかる分、再び着色汚れが付着していくまでの時間も長いという点が挙げられます。

一方でオフィスホワイトニングは、歯が白くなるのがホームホワイトニングに比べて時間が短いというメリットがあるものの、歯に着色汚れがついてしまうまでの時間も短いというデメリットもあります。

ですので、例えば、初めがオフィスホワイトニングで歯を白くしたら、その後ホームホワイトニングに切り替えるなど、二つの方法を自分の好みや生活リズムに合わせて併用することで、より長く白い歯を保つことが出来るようになります。

まとめ

上述したいずれのホワイトニング治療が自分にとって最適なホワイトニング治療なのかは、個人の考え方によるところですが、いずれの方法もメリットとデメリットがあります。

一見してデメリットがなさそうなデュアルホワイトニングには、ホワイトニング治療を併用するがゆえにコストがかかるというデメリットが実は存在するのです。

ホワイトニング治療を始める前に、コスト面や時間的余裕などを加味したうえでどの方法が自分に合った方法なのかを十分検討しましょう。